GSOMIA破棄「中朝に利」 米軍トップ、韓国に更新促す
本社コメンテーター 秋田浩之

日韓対立
秋田 浩之
朝鮮半島
本社コメンテーター
2019/11/13 12:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

来日している米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は13日、失効期限が迫っている日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「失効すれば、中国や北朝鮮を利することになる」と語り、強い懸念を示した。この後、エスパー国防長官と訪韓する予定で、延長に応じるよう、韓国側に改めて促す考えを明らかにした。

都内で日本経済新聞などの取材に応じた。GSOMIAはこのままいけば、今月23日午前0時に失効す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]