/

この記事は会員限定です

検査画像はだれのもの 遠隔診断支援エムネスの挑戦

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

医療機関向けに遠隔画像診断の支援サービスを提供するエムネス(広島市、北村直幸社長)は米グーグルなど情報通信企業と提携し、どこでもいつでも画像にアクセスできる遠隔診断のプラットフォームを開発した。検査を受けた患者がスマートフォンで自分の画像を見られ、病院内に閉じがちな従来の診断画像の扱いに一石を投じる。人工知能(AI)技術の活用にも着手した。

広島大学病院に近い住宅地の一角に「霞クリニック」という画...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1413文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン