米ディーン・フーズが破産申請 牛乳消費減や競争激化

2019/11/13 4:48
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=西邨紘子】米乳製品大手ディーン・フーズは12日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。米メディアによると、ディーンは牛乳メーカー最大手だが、近年は国内の消費減と競争激化、コスト高などで資金繰りが悪化していた。再建に向けて酪農協同組合の大手、デーリー・ファーマーズ・オブ・アメリカへの資産売却の協議を進めるという。

米国では消費者の朝食シリアル離れや豆乳など代…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]