カンボジア、EUと制裁巡り攻防 柔軟姿勢も野党分断

2019/11/13 2:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ハノイ=大西智也、ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)がカンボジアに対して検討している経済制裁を巡り、両者のせめぎ合いが本格化してきた。12日にEUが公表した暫定的な評価報告書の声明では制裁の可否に言及せず、判断を事実上先送りした。独裁化を強めてきたフン・セン政権は有力野党指導者の自宅軟禁を解除するなど、ここにきて柔軟姿勢を見せ始めている。EUは政権の出方を見ながら制裁を最終判断する見通し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]