/

動画見放題に指針案 総務省、通信への悪影響回避要請

総務省は12日、スマートフォンの動画見放題など通信料が課されないサービスに関する指針案を有識者会議に示した。サービスを使わないスマホ利用者の通信に悪影響が出ない対策を携帯電話会社に要請する。災害などで通信が混み合ったときには、動画見放題も含めて通信を制限することが望ましいとしている。

巨大IT(情報技術)など特定の事業者のコンテンツだけをサービス対象にするのではなく中小を含む幅広い事業者を公平に扱うことも求める。年内の施行をめざす。

通信料の課金対象外の動画見放題やアプリ使い放題は国内携帯大手ではKDDIソフトバンクが提供している。利用拡大でサービスを使う人と使わない人の不公平が問題となってきたため指針をつくることにした。12日は規制の強さをめぐって有識者間で温度差があり、了承を見送った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン