皇居で厳かに大嘗祭 14~15日、内部は「秘儀」

「令和」新時代
2019/11/14 2:00
保存
共有
印刷
その他

天皇一代で一度限りの大嘗祭(だいじょうさい)が14日から、皇居・東御苑に建設された大嘗宮(だいじょうきゅう)を中心に執り行われる。かがり火の中、古式にのっとって営まれる"秘儀"の由来や意義をまとめた。

大嘗祭の起源をたどると7世紀の天武、持統天皇の時代まで遡る。即位礼と並び皇位継承に伴う重要な皇室行事で、新天皇はその年に収穫されたコメやアワなどの新穀を神前に供え、自ら食して国や国民の安寧と五穀豊穣(ほうじょう)を祈る。

■東の「悠紀」と西の「主基」

同様の祭祀(さいし)は毎年11月、皇居内で新嘗祭(にいなめさい)として営まれており、大嘗祭は新天皇が即位後初めて行う新嘗祭ともいえる。

大嘗祭を前に公開された大嘗宮(13日午前、皇居)

大嘗祭を前に公開された大嘗宮(13日午前、皇居)

中心儀式が「大嘗宮の儀」だ。秘儀のため内部の様子は明かされない。純白の祭服をまとった天皇陛下が、東日本の「悠紀(ゆき)地方」と、西日本の「主基(すき)地方」でとれた新穀や神酒を大嘗宮の中の「悠紀殿」と「主基殿」にそれぞれ供え、食される。

平成以降、新潟、長野、静岡から東側の18都道県が悠紀地方、この3県より西の29府県が主基地方とされる。両地方から、儀式用のコメを育てる「斎田(さいでん)」を設ける都道府県を占いで決める。焼いた亀の甲のひびで占う「亀卜(きぼく)」で、これも古式にのっとった秘儀とされ、詳細は明らかでない。今回は栃木県と京都府が選ばれた。

平成時の大嘗宮(1990年11月、皇居・東御苑)=共同

平成時の大嘗宮(1990年11月、皇居・東御苑)=共同

儀式に先立ち、宮内庁は特別に捕獲が認められている東京都小笠原村を通じてアオウミガメの甲を確保した。その後、都内のべっ甲職人が縦24センチ、横15センチ、厚さ約1ミリの駒形に加工した。

大嘗宮には全国の特産品も供えられる。小豆やリンゴ、昆布、茶、オリーブ、たけのこなどが各都道府県から納入された。

■費用巡り、秋篠宮さまが異例の「批判」

大嘗祭は宗教色が強い。政教分離の観点から、現行憲法下で初の代替わりとなった平成時に「公的性格を有する皇室行事」と位置づけられた。10月22日に行われた「即位礼正殿(せいでん)の儀」などの即位関連儀式が、内閣の助言と承認に基づく「国事行為」とされるのとは性格が異なる。

大嘗祭を前に公開された大嘗宮(13日午前、皇居)

大嘗祭を前に公開された大嘗宮(13日午前、皇居)

前回は大嘗祭に25億円超かかった。政教分離原則に抵触するとの主張で各地で訴訟も起こされたが、いずれも原告側が敗訴。大嘗祭にかかる費用を公費で賄うとの基本方針は今回も踏襲された。

これに疑義を唱えられたのが秋篠宮さまだ。2018年11月の記者会見で「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」「できる範囲で身の丈に合った儀式で行うのが本来の姿ではないか」と指摘。天皇家の私費(内廷費)で賄える規模にすべきだとの認識を示された。

政府の決定事項を皇族が公然と批判するのは極めて異例。宮内庁は費用を抑えるため、大嘗宮の規模を2割縮小したほか、建物の一部をプレハブにしたり、屋根をかやぶきから板ぶきに替えたりして簡素化を図った。

過激派の活動が活発だった前回は、妨害行為を避けるため、大嘗宮建設地の皇居・東御苑を全面休園にして部外者の立ち入りを厳重に制限した。今回は大嘗祭直前までフェンス越しに工事の様子を見られるようにするなど、国民の理解を得るための工夫もみられた。

■儀式終了後は宴席も 一般公開後に解体

大嘗宮の儀を終えた後の16日と18日には、参列者に天皇陛下がお酒や料理を振る舞われる「大饗(だいきょう)の儀」が催される。宮殿で最も広い「豊明殿」が会場で、儀式で使うコメなどを育てた栃木県と京都府の四季を描く「悠紀・主基地方風俗歌屏風」や、日本画家の今尾景年筆の墨絵「錦軟障(にしきのぜじょう)」(高さ約3.6メートル、幅約9.3メートル)などが飾られる。

平成の代替わり時の大嘗祭(1990年11月22日、皇居)

平成の代替わり時の大嘗祭(1990年11月22日、皇居)

招待客には大嘗祭や毎年の新嘗祭で神前に供えられる「白酒(しろき)」と「黒酒(くろき)」と呼ばれる酒も出る。白酒は白米から造る濁り酒で、久佐木(くさぎ)というクマツヅラ科の落葉樹の炭で着色したものが黒酒となる。

会場内に設置される舞楽台では舞も披露される。そのうち、「久米舞(くめまい)」は日本で最も起源の古い歌舞とされ、武官の装束を着用した踊り手が太刀を抜いて勇壮に舞う。

五節舞(ごせちのまい)は平安時代から大嘗祭などで演じられており、装束姿の女性たちが華麗に舞う。中世に廃れたが大正時代に再興された。

一連の儀式が終わった後、大嘗宮は11月21日から12月8日まで一般公開される。東御苑のモミジなどの紅葉とあわせて楽しむこともできそうだ。一般公開後は解体される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]