タカラバイオ、創薬は膵臓がん向けに注力

ヘルスケア
2019/11/13 4:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タカラバイオが新薬の開発戦略の変更を余儀なくされている。9月下旬、同社初の医薬品となる予定だった悪性黒色腫(メラノーマ)向けがん治療薬について、厚生労働省が求める要件を満たせないことなどを理由に製造販売の承認申請を取り下げた。代わりに膵臓(すいぞう)がんを対象にした新薬に注力する方針だが、競合は多い。念願の「創薬会社」になるため、これまで以上の開発スピードが求められる。

「(厚労省とは)見解が結…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]