/

この記事は会員限定です

タカラバイオ、創薬は膵臓がん向けに注力

[有料会員限定]

タカラバイオが新薬の開発戦略の変更を余儀なくされている。9月下旬、同社初の医薬品となる予定だった悪性黒色腫(メラノーマ)向けがん治療薬について、厚生労働省が求める要件を満たせないことなどを理由に製造販売の承認申請を取り下げた。代わりに膵臓(すいぞう)がんを対象にした新薬に注力する方針だが、競合は多い。念願の「創薬会社」になるため、これまで以上の開発スピードが求められる。

「(厚労省とは)見解が結果的には違って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン