静岡県内の倒産、10月15件 件数・負債総額ともに減少

2019/11/12 20:07
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチ静岡支店がまとめた静岡県内の企業倒産動向(負債額1000万円以上)によると、10月の倒産件数は前年同月比5件減の15件だった。負債総額は52%減の17億2200万円。件数、金額とも小康状態が続く。

従業員数別では10人未満が13件。業歴別では20年以上の企業が9件。業種別ではサービス業他の5件、負債総額では製造業の10億4500万円が最も多かった。地域別では東部が5件、中部が6件、西部が4件だった。

10月の消費増税の影響について同支店は「ひとまず大きな影響は見られない」としている。消費増税は特に小売業やサービス業で影響を受けるとみられ、今後の動向を注視していく方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]