大阪・夢洲、交通アクセス難題 万博・IR予定地
都市のチカラ

2025年 万博
2019/11/12 19:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の開催決定から24日で1年。大阪市などは会場となる人工島「夢洲」(ゆめしま、大阪市此花区)の交通アクセスの改善を急ぐ。車道は既に物流業者の車で渋滞。万博の工事が始まればさらなる混雑が予想される。大阪府・市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の開業の遅れも懸念されている。(高橋彩)

11月上旬、夢洲の東側にあるコンテナ施設の搬出入ゲートへ向かう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]