新潟県内、外国人の半数魚沼地区へ 県が推計発表

インバウンド
2019/11/12 19:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県は2018年に県内に宿泊した外国人宿泊者数の地区別の推計結果を公表した。約半数が湯沢町や十日町市など魚沼地区に宿泊していることが分かった。3年に1度の「大地の芸術祭」の開催やスキー客の増加が奏功した。国・地域別では、佐渡で宿泊する外国人の6割が台湾からだった。県は国際路線を拡充させるなどし、外国人の受け入れに力を入れる。

観光庁が6月に公表した統計によると、18年の県内外国人宿泊者数は前年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]