/

この記事は会員限定です

創薬の原動力 第一三共会長 中山譲治

[有料会員限定]

米国は世界で新薬創製の最も盛んな国だ。ある調査では、2位の日本の4倍強になる。そして、その半分はベンチャー企業が生み出したものだ。ベンチャーの競争環境は厳しく、多く生まれ、多く消滅する。その集合体として、大企業に負けない高い創薬効率を実現している。大企業内に模擬的ベンチャーを作っても、うまく行かない。それは真のベンチャーの持つ緊張感やワクワク感を作り出すことができないからだと思う。

第一製薬と三共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン