創薬の原動力 第一三共会長 中山譲治

エッセー
2019/11/18 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国は世界で新薬創製の最も盛んな国だ。ある調査では、2位の日本の4倍強になる。そして、その半分はベンチャー企業が生み出したものだ。ベンチャーの競争環境は厳しく、多く生まれ、多く消滅する。その集合体として、大企業に負けない高い創薬効率を実現している。大企業内に模擬的ベンチャーを作っても、うまく行かない。それは真のベンチャーの持つ緊張感やワクワク感を作り出すことができないからだと思う。

第一製薬と三…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]