大阪・道頓堀の夜間経済活性化へ協議会 JTBなど

2025年 万博
インバウンド
2019/11/12 19:03
保存
共有
印刷
その他

JTBと大阪観光局、道頓堀商店会は12日、夜の消費を活性化させる「道頓堀ナイトカルチャー創造協議会」を発足した。11の企業・団体が参画し、最新技術を用いたスマートツーリズムや情報の発信を強化する。エリアの魅力向上で2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)を訪れる観光客に道頓堀にも周遊してもらう狙いだ。

11の企業•団体が連携し、大阪・道頓堀のナイトカルチャー活性化を目指す

日本を訪れる訪日客は18年に3千万人を突破し右肩上がりを続けるが、「(大阪観光局が実施した調査によると)大阪は午後10時くらいでホテルに帰る人が多く、夜の消費拡大が課題となっている」(大阪観光局の溝畑宏理事長)。夜間のイベント情報が観光客に伝わっていないとの問題もある。店ごとではなく企業が横串を通して連携することで、エリア全体を効果的に活性化させる。

NTTドコモはJTBが運営するカフェ併設の情報拠点に人工知能(AI)搭載のスクリーン「おしゃべり案内板」を20年2月にも設置。話しかけると夜のイベント情報や飲食店の空席状況がすぐに分かり、観光客は情報収集しやすくなる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]