東日本銀行、M&Aなどで企業連携 手数料収入増狙う

金融機関
東京
2019/11/12 19:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンコルディア・フィナンシャルグループ傘下の東日本銀行は顧客対応力向上に向け、企業連携を拡大する。第1弾として、M&A(合併・買収)などの4分野でベンチャーキャピタルや人材サービス会社などと協業した。業績改善へ仲介業務などの手数料収入上積みを狙うほか、顧客企業の経営状態を詳細に把握することで融資強化などに生かす。

「創業支援」「ビジネスマッチング」「人材紹介」「M&A、事業承継」の4分野を強化す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]