九州FG、株式評価損響き8%減益 4~9月期

金融機関
九州・沖縄
2019/11/12 18:45
保存
共有
印刷
その他

九州フィナンシャルグループ(FG)が12日発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比8%減の111億円だった。傘下の鹿児島銀行が九州FGの発足前から投資目的で保有している株式の評価額が下落し、減損処理をしたことが響いた。

本業のもうけを示す実質業務純益は7%増の195億円。マイナス金利政策下で貸出金利回りは低下が続くが、価格が上昇していた外国債券や不動産投資信託(REIT)の売却が収益を下支えした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]