ファミマ、サラダ全品を環境配慮型容器に

2019/11/12 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファミリーマートは2021年2月までに、サラダ全品の容器を環境配慮型に切り替える。植物を原料にしたバイオマスプラスチックなどを使い、17年度比で石油由来プラスチック約800トンの削減効果を見込む。コーヒーマシンを使って提供するコーヒーのマドラーも木製に切り替え、環境問題への対応を進める。

ファミマの店舗ではサラダ25種類前後を取り扱っている。原料全てや一部が植物由来のプラスチック、回収したペット…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]