/

この記事は会員限定です

[社説]現役の負担を抑え患者本位の診療報酬に

[有料会員限定]

国の2020年度予算編成の焦点のひとつ、診療報酬改定が年末に向けて本格化する。

人口構造の高齢化が一段と進むなかで、医療財源の多くを負担する現役世代に配慮しつつ、患者本位の医療を確保できる診療報酬政策の立案を安倍政権に求めたい。

診療報酬は厚生労働省が決める保険医療サービスの公定価格だ。原則として2年に1度、予算案の決定に合わせて政権が全体の改定率を決め、それをもとに同省が具体的に値付けする。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン