/

カンパチ盗みすぐさばく? 近大発ベンチャーの養殖場

和歌山県白浜町の海で近畿大発ベンチャー企業「アーマリン近大」(同町)が養殖するカンパチ3匹(計2万5600円相当)が盗まれていたことが12日、白浜署などへの取材で分かった。カンパチは刺し身として人気が高く、盗難に遭ったのは体長50~80センチの出荷前の個体とみられる。

いけすへ続く桟橋に血が付着。近くの駐車場から血の付いたナイフが見つかり、現場でさばいたり下処理したりした可能性もあるとみて、署が関連を調べている。

署などによると、9日午前6時40分ごろ、出勤した職員がいけすの中のカンパチが3匹減っているのを確認、署へ被害届を提出した。今回の被害を受け、これまでなかった防犯カメラや照明を設置した。

近畿大水産研究所によると、いけすでは個体の体長に応じ、分けて養殖しており、盗まれたのは体長50~60センチで重さ約3キロの2匹と、体長60~80センチで重さ約10キロの1匹とみられる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン