最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,424.81 +32.95
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,470 +100

[PR]

業績ニュース

クラレ、今期一転減益に 純利益15%減、樹脂など低迷

企業決算
2019/11/12 20:30
保存
共有
印刷
その他

クラレは12日、2019年12月期の連結純利益が前期比15%減の285億円になりそうだと発表した。13%増の380億円としていた従来予想から一転して減益となる。業績予想の下方修正は今期3回目。主力のフィルムや樹脂の低迷に加え、18年5月に米子会社で発生した火災事故について損害賠償費用約140億円を特別損失に計上するのが響く。

売上高は4%減の5780億円と従来予想から220億円引き下げ、営業利益は13%減の570億円と一転減益となる。世界景気の減速をうけ、主要5事業全ての営業利益の見通しを下方修正した。

主力のビニルアセテート事業では、テレビなど液晶ディスプレーに使う光学フィルムが液晶パネルの在庫調整の影響をうけて想定より数量が落ち込む。フィルムや接着剤の原料となる樹脂も汎用品を中心に厳しい状況が続いている。イソプレン事業も振るわない。自動車や建材に使う合成ゴムが幅広い用途で需要が落ち込んでいる。

同日発表した19年1~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比5%減の4289億円、純利益が42%減の193億円だった。中国向け輸出の減少で繊維事業の数量が落ち込んだ。液晶ディスプレーの導光板などに使うメタクリル樹脂は市況低迷で採算が悪化した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム