/

この記事は会員限定です

JERA、台湾で洋上風力 アジアの先行市場に投資

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス中部電力が共同出資するJERAは12日、台湾で洋上風力発電所の完工式を開いた。年内には出力200万キロワットと洋上風力で世界最大規模のプロジェクトにも参画し、台湾で洋上風力の一大拠点を築く。石炭火力が主力のアジアでは温暖化の抑制策として洋上風力の新設需要が高まっている。産業振興に力を入れ、洋上風力で先行する台湾を軸にアジアが今後、同分野の主戦場となる。

「洋上風力をリードするこの地で多くを学んで成長し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン