豚コレラとの闘い「ステージは変わった」
豚感染症とたたかう(1)

ルポ迫真
2019/11/12 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「豚コレラワクチンの到着が半日ずれれば、予定通り接種ができなくなる」。10月24日午前、岐阜県庁では家畜伝染病対策課長の大口英徳(49)がインターネットの画面を見ながら、ワクチンの配達状況を食い入るように確認していた。

豚コレラの感染が1頭でも確認された養豚場では感染拡大を防ぐため、全頭が殺処分される。岐阜県では11万6千頭いた豚がわずか1年で4割にまで減った。

同県では感染源となっている野生の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]