/

この記事は会員限定です

「CASE革命」は本当に革命か

編集委員 西條都夫

[有料会員限定]

自動車産業を語る際に欠かせないキーワードが「CASE」だ。「コネクティッド(connected=つながる車)」「オートノマス(autonomous=自動運転)」「シェア(share=共有)」「エレクトリック(electric=電動化)」の頭文字をつなげた言葉で、独ダイムラーのディーター・ツェッチェ前最高経営責任者(CEO)が言い出しっぺとされる。4つの技術革新が同時並行で進行することで自動車産業に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン