/

この記事は会員限定です

TOPIX廃止案も浮上 「市場区分」議論大詰め

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

東京証券取引所の市場区分見直し論議が大詰めを迎えている。金融庁の金融審議会市場構造専門グループのこれまでの議論を踏まえると、実体経済の生体解剖に等しい「第1部からの強制降格」は回避する方向だ。代わりに薄商い銘柄も含む現行の東証株価指数(TOPIX)を廃止して新指数を作成し、国内機関投資家に運用の基準として採用を促す案が浮上している。ただ、白地に絵を描くわけではないため、円滑な移行には課題も残る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン