東京五輪控えスポーツ描く 名古屋で国際児童画展

2019/11/12 17:20
保存
共有
印刷
その他

東京五輪を来年に控え、スポーツを題材に子どもたちが描いた絵を紹介する「国際児童画交流展」が12日、名古屋市中区の「アートスペースA-1」で始まった。ブルガリアや中国など28カ国から集めた約200点を17日まで展示する。

子どもの絵を通じた交流に取り組む国際児童画協会(愛知県小牧市)が主催した。12日の式典には各国の領事館関係者が訪れ、バレーボールや柔道などさまざまな競技を描いた作品を鑑賞した。協会の西川直見代表は「躍動感のある素晴らしい絵を楽しんでもらいたい」と話した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]