サーキュラーエコノミーを考える(5) ポイ捨て防ぐデポジット制度
大阪商業大学准教授 原田禎夫

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/11/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

各地の河川や海岸のごみには大量のペットボトルが含まれます。ペットボトルのポイ捨ては回収作業だけでなく、景観の悪化や生態系への悪影響といった負の外部性をもたらします。しかし、こうした費用が意識されることはありません。社会的に最適な水準を超えて利用され続け、ポイ捨てごみに姿を変えます。

多くの先進国は飲み終わったペットボトルを返却すると、容器代が返金されるデポジット制度を導入しています。経済的インセ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]