日本サッカー世界への挑戦

フォローする

大混戦のJ1 優勝争い・残留争いの行方を占う
サッカージャーナリスト 大住良之

2019/11/14 3:00
保存
共有
印刷
その他

Jリーグ1部(J1)は11月10日までに31節を消化、残りわずか3節となったが、優勝争いも残留争いも大混戦。予断を許さない状況にある。

優勝争いでは、第31節に首位鹿島アントラーズが4位川崎フロンターレに0-2で敗れて首位を明け渡し、ジュビロ磐田を1-0で下したFC東京が4節ぶりに首位に立った。だがFC東京も2位の横浜F・マリノスとはわずか勝ち点で1差。3位に落ちた鹿島との差も3しかなく、この時点になってなお予想は非常に困難だ。

残り3節となったJ1。FC東京は9日の磐田戦に勝ち、勝ち点差1で首位に立つ=共同

残り3節となったJ1。FC東京は9日の磐田戦に勝ち、勝ち点差1で首位に立つ=共同

一方の残留争いでは、最下位(18位)の磐田の16位以下が決定。磐田は残り3節で全勝しても、自動降格(17、18位)あるいは2年連続の「J1参入プレーオフ」への出場となる。

だが残り2つの「降格ゾーン」から逃れる争いは大混戦の様相だ。このリーグ終盤にきて、9位のガンバ大阪から17位の松本山雅FCまで、実にJ1の半数に当たる9クラブが「残留確定ゾーン」まで逃げ込めていないのだ。得失点差からみれば、勝ち点38で並ぶ9位G大阪、10位ヴィッセル神戸、11位ベガルタ仙台の3チームが16位以下になる可能性は極めて低い。しかし数字上はまだ「危険ゾーン」にあるといえる。

現在16位、「プレーオフ圏」で苦しむ湘南ベルマーレは、8月中旬に曺貴裁前監督がパワハラ問題でチームを離れて以来、9戦して2分け7敗、勝ち点を2しか積み上げられず、この間に順位を11位から16位に落とした。残り3節は、首位FC東京とのアウェーゲーム、6位サンフレッチェ広島とのホームゲーム、そして17位松本とのアウェーゲーム。このところ6連敗、得点はわずか2。相手ゴールをこじ開けることが「生き残り」へのカギだ。

さて、優勝争いは、数字上は、4位の川崎(首位FC東京との5差の勝ち点57)にも可能性はある。しかし川崎はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝に進出した浦和レッズとの第32節の試合をすでに消化しており、残りは2試合。勝ち点は最多で63にしかならず、「逆転で3連覇」の可能性は極めて小さい。

鹿島は第31節に川崎に0-2で屈したが、試合は攻撃力を誇る川崎に対し優勢だった。戦列を離れていたMFレオシルバ、FWセルジーニョらが復帰して調子は上向いており、残り3戦(広島、神戸、名古屋)を全勝して勝ち点を68まで伸ばす可能性は十分ある。

FC東京、最後に横浜Mと直接対決

首位の座を取り戻したFC東京は、ラグビー・ワールドカップによる「アウェー8連戦」で苦しんだ。ウイークデーの試合こそなかったが、毎節必ず遠征があるという日程は、次節に向けての修正や調整のタイミングを狂わせ、一時は2位に勝ち点7もの大差をつけて独走していた首位の座も失った。しかし「8連戦」の最後の3試合を神戸に3-1、大分に2-0、磐田に1-0と3連勝し、軌道を修正した。

残るは、これまで15戦して12勝3敗と圧倒的な成績を残しているホームが舞台の湘南戦と浦和戦、そして最終節に2位横浜Mと直接対決するアウェーゲーム。31試合で24失点という堅固な守備をベースに、日本代表に定着したFW永井謙佑とFWディエゴオリベイラの強力2トップを生かすバランスのとれたサッカーで連勝し、優位な状態で横浜Mとの決戦に臨みたいところだ。

現在の優勝争いで最も興味深い存在が、横浜Mだ。第31節では、攻撃力のあるコンサドーレ札幌をホームに迎え、圧倒的なスピードの攻撃的サッカーを展開して4-2で快勝した。リードしても休むことなくさらに相手ゴールを襲い続けたアグレッシブな姿勢は、堅固な守備をベースにした首位FC東京とは好対照だ。

前半4分までに2-0とリード。1点を返されたが、前半は3-1で終えた。後半もチャンスをつくり続けてPKで4-1としても、早いタイミングで前線に出し、そこにMFだけでなくDFもサポートし、オーバーラップして攻め続けようというサッカーはエキサイティングそのものといえる。

横浜M、現在J1最多の60得点

オーストラリアを初のアジアカップ優勝(2015年)に導いた後、17年にワールドカップ予選で大陸間プレーオフ(対ホンジュラス)を制し出場権獲得に導いた後に代表監督を辞任し、18年から横浜Mで指揮をとっているアンジェ・ポステコグルー監督は、就任当初からエキサイティングな攻撃的サッカーを標榜して指導してきた。ビルドアップに参加するGK朴一圭(パク・イルギュ)を含めた圧倒的なパス回しと、攻撃が始まったらどんどん前線に人を増やしていく動きで、J1最多の60得点を記録している。

横浜Mは仲川(左)やブラジル人選手らを中心にエキサイティングな攻撃的サッカーで2位につける=共同

横浜Mは仲川(左)やブラジル人選手らを中心にエキサイティングな攻撃的サッカーで2位につける=共同

ブラジル人のマルコスジュニオール、エリキ、マテウスと、身長161センチのスピードスター仲川輝人が組む最前線は、高い個の能力をコンビネーションプレーに結びつける。なかでも仲川のドリブルとシュートの切れ味は抜群だ。

横浜Mの残り試合は、松本(アウェー)、川崎(アウェー)、そして最終節のFC東京との直接対決(ホーム)。川崎は強敵だが、守備固め必至の松本戦が、最終節でFC東京との「優勝決定戦」に臨めるかどうかの、より大きなカギになりそうだ。

Jリーグの最終3節は、「代表ウイーク」後、11月23、30日、そして12月7日の各土曜日に、基本的に午後2時キックオフで行われる。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

日本サッカー世界への挑戦をMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
天皇杯サッカーで初優勝を果たし、喜ぶ神戸イレブン=共同共同

 元日に新国立競技場で行われたサッカーの天皇杯全日本選手権決勝、なかでも前半45分間のヴィッセル神戸の出来は出色だった。Jリーグ時代になってから最も成功したクラブであり、毎年優勝争いに加わる鹿島アント …続き (1/9)

森保監督(右)は22年から逆算して日本代表を世界に向けて大きく飛躍させようとしている=共同共同

 森保一監督率いる日本代表は2019年に23試合を戦った。
 通常、国際サッカー連盟(FIFA)が定める「国際マッチデー」で可能な試合数は年間10。だが今年は1月にアジアカップ(アラブ首長国連邦=UAE …続き (2019/12/26)

横浜Mのポステコグルー監督は就任時からアグレッシブな戦術が目を引いた=共同共同

 アンジェ・ポステコグルー監督率いる横浜F・マリノスの優勝は、Jリーグ27シーズンの歴史でも特筆されるべき出来事だった。
 これまでの優勝チームは、多かれ少なかれ、所属選手をうまくかみ合わせた、あるいは …続き (2019/12/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]