アクアシステム、スマホが顕微鏡になるアプリ開発へ

2019/11/12 15:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小型顕微鏡を製造販売するアクアシステム(前橋市)は微生物を観察できるスマートフォンアプリを開発する。画像解析の技術を使ってバクテリアなどの微生物を識別し、スマホ画面に表示できるようにする。

スマホがを顕微鏡として使えるようにして、飲食店や食品会社の衛生教育向けなどに小型顕微鏡の導入を広げる狙いがある。

オプトベンチャーズ(東京・千代田)を引受先とする第三者割当増資やJ-KISS型新株予約権で資金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]