自動走行実験で町変える 福井・永平寺町長、河合永充氏
トップに聞く

2019/11/13 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井県永平寺町がAI(人工知能)やあらゆるモノがネットにつながるIoTを活用した地域の活性化に取り組んでいる。中核となるのが、遊歩道「永平寺参ろーど」で実施している車両の自動走行実験だ。AIやIoTが住民サービスや観光振興などにどうつながるのか、河合永充町長に聞いた。

――2年前から京福電気鉄道の廃線跡を利用した遊歩道(6キロ)での自動走行実験に取り組んでいます。

「もともとは参ろーどでウオーキ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]