/

この記事は会員限定です

不動産データの時代予見 プロパティデータバンク社長

CTO30会議(22)

[有料会員限定]

清水建設の社内事業家公募制度により2000年にプロパティデータバンク(東京・港)が設立された。同制度は起案した本人が出資して、社長になるというルールがある。すなわち、やる気があることが前提条件だが、事業分野は問わない。プロパティデータバンクは、不動産管理のソフトウエアのクラウドサービスを提案し、採用された。設立後、リーマン・ショックの影響で成長が鈍化した時期もあったものの、比較的順調に業績を伸ば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン