実習生失踪、対策強化 受け入れ停止厳格に

2019/11/12 10:00
保存
共有
印刷
その他

出入国在留管理庁は12日、外国人技能実習生の失踪を減らすため、新たに対策を強化する方針を公表した。大量に失踪者を出した実習先や監理団体は適正に実習ができていないとみなし、新規受け入れを停止させる。失踪者が少数でも、実習先に賃金不払いなどの違法性が認められれば、受け入れできなくする。

全ての監理団体を対象に、入管庁は対策についての周知文書を出し、協力を呼び掛ける。森雅子法相は閣議後の記者会見で「施策を着実に執行し、失踪者数の減少に全力に取り組みたい」と話した。

入管庁によると、失踪は年々増えており、2018年は前年比1963人増の9052人。19年上半期も4499人で、前年同期を256人上回っている。

入管庁は、賃金の支払い状況や人権侵害の有無などについて実習生にヒアリングする機会も増やす。

法務省は今年3月、失踪した5218人を調べた結果、約15%に賃金不払いや時間外労働といった不正行為があったと公表。失踪があった場合、速やかに実習先に検査に入ることなど対策をまとめたが、さらに強化を図ることにした。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]