/

この記事は会員限定です

ブランド果物、東南アに通年出荷 豪州の農場と提携

[有料会員限定]

農林水産省は国内で開発した果樹など植物新品種の海外展開を支援する。各国で品種登録を促すとともに海外の農場と提携し、日本で生産できない季節に作物を作ってもらう。東南アジアなど日本産の農産品の需要が拡大する国に、日本からの輸出と組み合わせ通年で供給できるようにする。品種としての知的財産を保護するとともに、海外市場の開拓につなげる。

植物の新品種について海外での知的財産権の保護と提携農場の開拓を実施する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン