/

この記事は会員限定です

アジア部門、多様性乏しく 中国・イランに出品偏る

東京国際映画祭2019(下)

[有料会員限定]

東京国際映画祭にとってコンペに次ぐ柱が「アジアの未来」部門だ。長編3作目までのアジアの監督が対象で、新たな才能の発掘を目指す。最高賞である作品賞を獲得したのは中国のヨウ・シン監督の「夏の夜の騎士」だった。親と離れて暮らす少年の成長を緻密に設計した映像で語り、監督にとって初の長編ながら候補作の中で突出していた。2年連続で中国映画が作品賞を受賞した。

1997年の夏を舞台にした物語は、ヨウ監督自身の経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン