/

この記事は会員限定です

「理念」手探りのコンペ 新人の発掘では成果

東京国際映画祭2019(上)

[有料会員限定]

デンマーク映画「わたしの叔父さん」が最高賞を獲得した第32回東京国際映画祭。新人発掘で成果を上げたコンペだが、質のばらつきは大きく、一貫した理念は見えなかった。

「東京映画祭はフィロソフィーをもってほしい」。9月のラインアップ発表で山田洋次監督はそう語りかけた。映画祭としての「理念」の欠如。それは多くの映画関係者が感じている思いだ。

女優のチャン・ツィイー率いる審査委員団はフラレ・ピーダセン監督の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン