メキシコ外相「クーデターだ」 ボリビア大統領辞任で

2019/11/12 5:48
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】南米ボリビアで反米左派のモラレス大統領が辞任したことを受けて、メキシコのエブラルド外相は11日朝の政府定例会見で「クーデター」だとして軍などの動きを非難した。エブラルド氏はメキシコ政府としてモラレス氏をボリビア唯一の合法的な大統領だと認識しているとして支持を表明した。

エブラルド氏は「軍が大統領に辞任を求めるのはボリビア憲法に違反する」とした。ボリビアに憲法や民主主義…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]