英ブレグジット党、与党選挙区の出馬見送り 離脱優先
ジョンソン政権に追い風

英EU離脱
ヨーロッパ
2019/11/12 4:19
保存
共有
印刷
その他

英ブレグジット党のファラージ党首は合意なきEU離脱も辞さない姿勢が特徴だ=ロイター

英ブレグジット党のファラージ党首は合意なきEU離脱も辞さない姿勢が特徴だ=ロイター

【ロンドン=中島裕介】12月12日投開票の英国の総選挙を巡り、ブレグジット党のファラージ党首は11日の演説で、前回の2017年の選挙で与党・保守党が議席を獲得した選挙区に候補者を立てない方針を表明した。1日にはジョンソン氏が欧州連合(EU)と合意した新離脱協定案では条件が不十分だとして、英全土で対立候補を立てる意向を示していたが、離脱実現を優先するために方針を転換した。

ファラージ氏は下院定数650のうち「317選挙区で候補者を立てない」と語った。ジョンソン氏率いる保守党の議席はEU離脱を巡る混乱を経て298議席まで落ちている。これを議長などを除いた実質過半数の320議席以上に伸ばし、EUとの新離脱案の議会承認を得られる体制をつくるのがジョンソン政権の目標だ。ファラージ氏の判断により保守党の地盤での離脱票の分裂を防げるため、保守党には一定の追い風になる。

ファラージ氏は演説で「我々が全て候補者を立てると、(多数派政党がいない)ハングパーラメントになる可能性が高い」と指摘。その場合に野党勢力が結集して2度目の国民投票となれば、「民主主義の信頼を損ねる」と訴えた。

一方で英BBCによると、保守党のクレバリー幹事長は「離脱支持派の票が割れる危険はまだ残っている」と語った。保守党が単独過半数に達するためには、労働党など野党の地盤の切り崩しが必要になる。ブレグジット党は野党議員が現職の選挙区にはなお候補者を立てる。こうした選挙区で離脱票が割れて、保守党の議席が伸び悩む可能性はある。

ブレグジット党は英議会下院にはまだ議席はない。ただ5月の欧州議会選では、メイ政権の混迷を尻目に早期のEU離脱を訴え続けるスタイルが支持を集め、英国における第1党に躍進した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]