豚コレラ、埼玉県内殺処分7500頭超す 猛威止まらず

2019/11/11 19:55
保存
共有
印刷
その他

埼玉県内で豚コレラの猛威が止まらない。9日には最も養豚が盛んな深谷市で5例目となる感染が発覚した。秩父市で発生してから2カ月、殺処分の対象となった豚は計7500頭を超えた。県は1日から豚へのワクチン接種を開始。休日返上で防疫措置や野生イノシシ対策にも追われており、職員の疲労もピークに近づいている。

殺処分の現場では過酷な作業が続いている(深谷市の養豚場)

県によると、新たに発生したのは約2150頭を飼育する深谷市の養豚場。ワクチン接種の事前検査で感染を疑う豚が見つかり、再検査で9日に陽性と判定された。県は殺処分や埋却、消毒などの防疫措置を13日までに終える計画を立て、300人以上の職員を動員して作業を進めている。

県内ではこれまで深谷市のほか、秩父市、小鹿野町、本庄市の計4カ所の養豚場で豚コレラが見つかっている。

深谷市は21の養豚場を抱える県内最大の養豚地で、飼育頭数は約1万9400頭に上る。飼料や肥育法にこだわったブランド豚の生産を手掛ける養豚家も多く、市内での発生に緊張感が高まっている。

さらに関係者にショックだったのは、1日にワクチン接種を始めた直後に感染が広がったことだ。県は同市を含む県西部から先行して作業を進めており、8日までに30施設、計2万5000頭の接種を終えていた。だが豚コレラに対する抗体ができるには接種から2~4週間かかるとされ、すぐに終息が期待できるわけではない。

「ちょうど勝負のタイミングだった。大変残念だ。なんとかここで止めたい」。大野元裕知事は9日開いた緊急対策本部会議後、神妙な表情で記者団に語った。1例目の発生から2カ月たっても感染が広がる事態に、養豚家の不安をどうにか和らげたいとの焦りがにじんだ。

県内での相次ぐ発生を受け、県は被害を受けた養豚家への融資制度やワクチン接種の手数料免除などの対応策を相次ぎ打ち出してきた。ウイルスを媒介する野生イノシシに対しても一部地域で経口ワクチンの散布を始めたが、9日に美里町内で新たに感染が確認されるなど、一進一退の状況が続いている。

感染が見つかる度に防疫作業に駆り出される県職員らの疲労も気がかりだ。1~4例目で殺処分や埋却などの作業に動員した職員数は延べ2500人を超える。3例目が発生した本庄市では台風19号の影響で養豚場の一部が浸水し、悪化した足場での作業を余儀なくされたケースもあった。

特に豚の殺処分の作業は心理的な負担も大きく、体調を崩す職員もいるという。県は現地に保健師を配置するなど相談対応に気を配るが、さらに感染拡大が続けば迅速な防疫作業に支障が出る恐れもあり、県幹部は神経をとがらせている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]