東京ムーブメント

フォローする

メダリスト3人が聖火ランナーに ギリシャで来年3月

Tokyo2020
2019/11/11 19:45
保存
共有
印刷
その他

日本人最初の聖火ランナーに選ばれた野口みずきさん(右から2人目)ら(11日、東京都中央区)

日本人最初の聖火ランナーに選ばれた野口みずきさん(右から2人目)ら(11日、東京都中央区)

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は11日、ギリシャで開かれる聖火の採火式と引き継ぎ式の概要を公表した。日本人最初の聖火ランナーとして、04年アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさんが選ばれた。

採火式は20年3月12日に古代オリンピック発祥の地とされるオリンピアで実施。太陽光から採った聖火を受け取る第1走者はギリシャ人が務め、野口さんは第2走者となる。野口さんは「アテネ大会の思い出と、東京大会への希望とともに聖火リレーの重みを感じながら聖火をつなぎたい」と意気込みを語った。

聖火は8日間かけてギリシャ国内を巡り、3月19日にアテネで引き継ぎ式が開かれる。ギリシャ側の最終ランナーが聖火皿に点火する。

最終ランナーへと引き継ぐ最後から3番目と2番目のランナーに、柔道男子で五輪3大会連続金メダルの野村忠宏さんと、レスリング女子でこちらも五輪3大会連覇の吉田沙保里さんが選出された。

野村さんは「アテネは五輪3連覇を果たした特別な場所で、走れるのはうれしい。役目を果たしたい」と語った。

引き継ぎ式ではギリシャと日本の文化パフォーマンスが開かれる。日本の文化パフォーマンスの監督は、人気グループ「EXILE」のHIROさんが担い、約140人の子どもたちが参加する。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
まもなく完成するオリンピックスタジアム(新国立競技場)の予想図。大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV作成/JSC提供

 五輪・パラリンピックはスポーツの祭典ではあるものの、セレモニーの中で披露される新技術に心を奪われた人も多いはず。例えば、1984年のロサンゼルス五輪で登場した空を飛ぶロケットマン。最近では、2016 …続き (12/13)

音楽に合わせて光るバルーンを手に光のアートを楽しむ(11月16日、東京都港区の増上寺)


 五輪・パラリンピックは文化の祭典でもある。開幕まで4年間続く文化プログラムはいよいよ佳境に入る。「文化で成功した」といわれる2012年のロンドン大会のように東京が高評価を得るには何が必要か。アートや …続き (12/11)

2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場

 2020年東京五輪・パラリンピックの公式サイトや大手銀行のウェブサイトなど、本物を装った偽サイトを巡る被害が広がっている。海外では不正なサイトを強制的に閉鎖する仲裁の活用が増えているが、日本ではまだ …続き (12/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]