AIRDO、帯広―台北のチャーター便運航 20年2月

2019/11/11 20:46
保存
共有
印刷
その他

AIRDO(札幌市)は2020年2月、帯広空港と台北の桃園空港を結ぶ国際線チャーター便を運航する。同社が帯広空港で国際線を運航するのは初めて。2月8日と12日に1往復し、機材はボーイング737型機(144席)を使う。台湾の旅行会社が台北発の旅行商品を企画し、帯広発の旅行商品はJTBが担う。

AIRDOはこれまで新千歳や女満別、釧路の各空港で国際線を運航し、国際定期便の就航に向けて実績を積み上げてきた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]