韓流の牙城に「嵐」は吹くか 東南アジアで巻き返し

東南アジア
アジアBiz
2019/11/12 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本を代表する人気アイドルグループ「嵐」が10~11日、インドネシアなどアジア4カ国・地域を訪れた。かつては日本のドラマや音楽の一大流行地と思われていた東南アジアも、今ではほぼ韓流一色に染まる。スマートフォンで情報を得るミレニアル世代(1980~2000年ごろ生まれの若者)を中心に、韓国のドラマやポピュラー音楽「K-POP」が人気を博す。日本のコンテンツはいま一度、嵐を起こして巻き返せるのか。最…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]