中国・独身の日 アリババの取扱高、過去最高を更新
18年の約3兆3000億円を上回る

アジアBiz
2019/11/11 19:00
保存
共有
印刷
その他

【杭州=松田直樹】11日の深夜0時に始まった中国最大のネット通販セール「独身の日」で、最大手のアリババ集団の今年の取扱高が、2018年実績の2135億元(約3兆3000億円)を上回り、過去最高となった。現地時間の16時31分12秒に更新した。09年の開始以来、毎年過去最高を更新しており、19年もどこまで販売を伸ばせるかが注目される。セールの最終結果は、現地時間の12日深夜0時すぎに判明する見通し。

夕方16時すぎに、昨年の取扱高2135億元(約3兆3000億円)を超えた(11日、杭州のアリババ本社)=アリババグループ提供

アリババの取扱高の伸び率は年々鈍化しているものの、今年も過去最高を更新し、存在感を見せつけた。ネット通販大手ラザダ(シンガポール)のほか、タイ小売最大手のセントラル・グループなど海外からも多くの企業が参加した。日本企業も好調だった。開始まもなく発表された国別の輸入品売上高ランキングでは日本が1位、2位に米国、次いで韓国が続いた。日本はユニ・チャームのおむつや資生堂の化粧品が人気を集めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]