「再発防止に努める」 百十四銀、顧客情報漏洩で

地域金融
2019/11/11 18:27
保存
共有
印刷
その他

百十四銀行の綾田裕次郎頭取は11日、元行員が知人に顧客情報を漏洩していた問題について謝罪し、「二度とこのようなことがないよう、再発防止に努める」と話した。再発防止策として、役員が全店を回ってコンプライアンス意識の啓発を進める一方、「顧客情報の管理を強化するため、システム上で制約をかけることも検討している」と話した。

会見した百十四銀の綾田頭取(11日、高松市)

顧客情報を閲覧できる行員に制限をかけるほか、行員が照会した履歴を監査の際に検証し、不自然なものに関しては監視するなどの方法を検討する。

百十四銀が実施した内部調査によると、情報が漏洩した顧客の一人が詐欺被害に遭っている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]