月開発のカギ握る水資源、本当に十分?

日経産業新聞
小玉 祥司
編集委員
2019/11/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は10月、米国が主導する月探査計画「アルテミス計画」への参加を決定した。ただ米国が計画の前提としている月の水が、豊富にあるかには疑問の声もある。資源として利用できる十分な水があるかは、月を目指す宇宙スタートアップにとっても重要な問題だ。水資源の詳しい調査が今後の焦点になる。

米航空宇宙局(NASA)は10月25日、2022年12月に月に探査車「VIPER(バイパー)」を着陸させる計画を発表し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]