東京メトロ、4~9月増収減益、東京五輪関連の費用増響く

2019/11/11 17:43
保存
共有
印刷
その他

東京地下鉄(東京メトロ)が11日発表した2019年4~9月期の連結決算は純利益が前年同期比1%減の324億円となった。売上高は2%増の2221億円で4~9月期として8期連続の増収で、過去最高を更新した。訪日客の鉄道利用の増加などが増収につながった。一方で20年の東京五輪に向けて駅の修繕などの費用がかさんだことで、2期連続の最終減益となった。

4~9月期の輸送人員は3%増の14億人、旅客運輸収入は3%増の1799億円だった。訪日客の1日あたりの平均利用人数は8.5万人で6%増えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]