消費税率10%超「国民的議論を」 経団連が提言

2019/11/11 22:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍首相は再増税の議論を封印しているが、経団連は将来不安の解消へ率直な議論を求める

安倍首相は再増税の議論を封印しているが、経団連は将来不安の解消へ率直な議論を求める

経団連は消費税率の10%超への引き上げを巡り「有力な選択肢の一つとし、国民的な議論を喚起する必要がある」との提言をまとめた。社会保障改革など歳出削減や経済成長による税収増とともに「国民負担の増加を伴う税財源の確保は避けて通れない」と強調した。安倍晋三首相は再増税の議論を封印しているが、経団連は将来不安の解消へ率直な議論を求めた。

【関連記事】 さらなる増税、首相は封印 「ポスト安倍」に試練

歳出面では、国債費と社会保障費の増加を除き財政が硬直化していると懸念。「必要な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]