東京都の公文書管理条例、第三者委が保存の指針作成
ポイント解説 都条例

2019/11/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都政に関する重要な資料を後世に残す「歴史公文書制度」の創設などを盛り込んだ改正公文書管理条例が9月の東京都議会で成立した。築地市場から豊洲市場への移転問題で、会議の議事録が残っていなかったことを踏まえた条例だ。都の重要な文書を保管する公文書館が世田谷区から国分寺市へ移転するのに合わせ、2020年4月から施行する。

改正条例は重要な政策の決定過程を記録した文書など、後世に残すべきだと判断した公…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]