ボリビア大統領、親中戦略の頓挫で失脚

中南米
2019/11/11 16:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンタクルス(ボリビア中部)=外山尚之】南米ボリビアで10日、反米左派のモラレス大統領が辞任に追い込まれた。大統領選を巡る不正疑惑で軍から退陣を促されたのがきっかけだが、13年を超える長期政権下で進めた親中国の政策が行き詰まった結果ともいえる。アルゼンチンでは10月の大統領選で親中の左派が親米の現職に勝利しており、南米の政界を舞台にした米中の覇権争いは激しさを増している。

モラレス氏は2006…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]