ブループラネット、IoT時代の保安ソフトを強力に

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/11/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サイバー防衛スタートアップのブループラネットワークス(東京・渋谷)は太陽石油や内田洋行などを引受先とする第三者割当増資で計23億円を調達した。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」向けセキュリティーソフト開発やエンジニアの採用に充てる。中多広志最高経営責任者(CEO)に狙いを聞いた。

■買収企業の技術を活用

――2017年に110億円を調達して以来の大型調達となります。

「17年に調達した資金で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]