/

この記事は会員限定です

ケアマネ、過剰介護を助長か 所属事業所に誘導の指摘

[有料会員限定]

要介護者への介護計画を立てるケアマネジャー(ケアマネ)が過剰な介護サービスを助長しているとの指摘が強まっている。介護事業者に雇われているために自社の介護サービスの利用へ誘導しがちで、本来は不必要なサービスを組み込んでいる懸念がある。介護を効率化するためにケアマネを事業者の経営から切り離し、中立性を高める改革が必要になりそうだ。

要介護認定を受けた高齢者が、自宅で生活しながら介護保険サービスを利用す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1097文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン