存在感高め、市場開拓 M&A・情報発信に力
スマートワーク経営調査

働き方改革
スマートワーク
2019/11/11 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業のグローバル競争が激しくなり、ブランド価値の向上策など「市場開拓力」が今まで以上に問われている。積極的なM&A(合併・買収)やきめ細かな情報発信など、各社が国内外でシェアを高める戦略を打ち出している。

資生堂は7日、米スキンケア会社のドランク・エレファントを約900億円で買収した。ドランクは創業から7年で従業員数100人ほどの企業で、18年の売上高は80億円。19年は134億円を見込む。

強…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]