長野に戻る観光客 宿泊施設の復興、冬に照準
大水害から1カ月 復興への道程

台風19号
2019/11/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸新幹線車両基地の水没や上田電鉄(長野県上田市)の鉄橋崩落という未曽有の事態を生んだ台風19号。鉄道や高速道路の分断は長野県内の観光産業に二次的な被害をもたらした。1カ月が経過し、一時的に信州を離れていた観光客が再び訪れるようになったものの、10月に失った利益は大きい。宿泊施設などは巻き返しを図るべく、冬の誘客に照準を合わせる。

「順調な滑り出しだ」。プリンスホテルの別府敏直・軽井沢地区事業戦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]