/

この記事は会員限定です

ESGマネー3400兆円 世界の証取、取り込み競う

企業に情報開示義務、拡大

[有料会員限定]

世界の取引所がESG(環境・社会・企業統治)マネーの取り込みに躍起になっている。カタールやフィリピンの証券取引所が上場企業へのESG情報の開示を義務付けるほか、ESG関連の金融商品の取り扱いを拡充する動きも広がる。世界の運用資産の3割にあたる約31兆ドル(3400兆円)にまで膨張したESGマネーを取り込めるかどうかが今後の取引所の収益力を左右しそうだ。

「投資家に持続可能な戦略を伝えられる企業は資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン